スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏が先か、卵が先か=TV-7D/Uの電圧調整について

DSC03296.jpg
DSC03297.jpg
DSC03298.jpg
DSC03299.jpg

先日、東京のお客様から依頼されたTV-7D/Uの修理記録です。

2004年から、米軍の真空管試験器の修理を営業し始めてから、すでに12年が過ぎ、400台以上の試験器を修理・調整してきたのであるが、この試験器の修理依頼者は、整流管が不良のため、各部の電圧が低く、測定値も低いと判断されたようであった。そのために、交換用の整流管83と5Y3も同梱包で送付されてきました。

当方で、測定しますと:
HICKOK方式に HS53460 RANGE B FIL.6.3 BIAS 0 SHUNT 0  OCTAL SOCKETにおける電圧は;
BIAS=42.60V PLATE=147.6V SCREEN=127.0V で基準値よりも低い値でした。
----------------------------------------------------------------------
ところで、このような場合に:
当方で、よく試みるのは、O-ADJの点検です。
鶏が先か、卵が先かになりますが、O-ADJという物は、絶対的なものではございません。
すこし、0より高いところへ合わせて、TS-352で測定してみると、各部は、PLATE=150.4V SCREEN=129.3V BIAS=45.7 となり、BIAS以外は正常値と変化しました。

このため;この試験器は整流管の不良ではなく、調整不良と判断いたしました:
1)BIAS電圧は R-130 8Kオームの抵抗で調整
2)O-ADJの調整はD/UではR-124とつながっているR-134 40KオームVRで行います。これの調整も非常に面倒ですが、
やり方は、フィラメント端子に、にテスターACレンジで接続した状態で監視して行います。D.NELSON氏の方法は、
AC 10にFILAMENT 電圧を設定 10.02-10.15Vくらいが適切とされますが、あくまでも、これは、それぞれの試験器でことなるものです。
3)この試験器では、R-134での調整ができませんでした。そのために、R-124の値を調べてみると、実測値は245Kではなく175Kと
経年変化しておりました。
4)そのために、R-124と直列に30Kオームの抵抗を加えてやっと調整が可能になりました。
------------------------------------------------------------------------------------
5)BIAS電圧の方は、R-130のSlide端子を調節し、40Vに調整しました。
6)またBIAS調節と同時にスクリーン低圧の電圧も60VDCにきっちりと調整しました。
-------------------------------------------------------------------------------------
以上の調整の結果:
HS53460の設定において、
Plate=150.4V
Screen=130.8V
Bias=39.85V
となりましたので、電圧調整は終了しました。

Daniel Neson 基準球にて、最終調整し、この長年使用されていたかったらしいTV-7D/Uは、B-F各レンジにおいて全て正確な値を示すようになりました。
なお、Aレンジは、調整箇所がなく、電源電圧とトランスの特性によってのみの「あなたまかせ」ですので、機械によっては、10-15%くらいの茣蓙があるようです。
ちなみに、この試験器においては、基準管との誤差は1目盛りでした。

追記=
1)普通は、きれいで、使用頻度の少ないものが「良い機械」と判断されがちですが
2)真空管試験機の場合には、かえって、ある程度使用されていたものの方が調子が良いようです。
電気的には、あまり使用されなかったものは、冬眠から起こしてうごかすに、あちらの部品が壊れていたりしています。
3)以前、台湾にいた米軍のTV-7/Uで、雨ざらしにされていたものを、香港のオーデイオ店主よりゆずられましたが、要所要所を点検し、さびていた部品を取り換えたりしたところ、見事復活して動くようになりました。やはり、使用されている部品が「立派な、高品質のもの」であるために、接点なども堅牢であるためでしょう。
4)ただ、最近EBAYなどで、出品されているものの中には、故障品した試験器を修理しようとしたけれども、どうしても、直せずに放棄したようなものが、多くなりましたので、注意が必要です。
5)正規のメーターが壊れていたために、「偽物」のメーターがつけられていたり、BIASのVRが焼損していたために市販の3KオームのVRがつけられていたりすることもあります。
6)TV-7やTV-2のQUALITY METERは、特注品の特殊メーターですので、特注品のメーターと交換しないとダメです。
7)BIAS の3Kオーム可変抵抗器も特注品です。
8)特にTV-7のR-130 8.7Kオーム スライド・タップの10W方は、入手が非常に難しい特殊部品ですので、入手できるときに入手してストックしておくことが大切です。

1206/2016

TV-7/Uの修理記録 11/02/2016

DSC03132.jpg

今回、非常に苦労して「修理」したのは、TV-7/Uという米軍真空管試験器でも、初期の機械です。
お客様から、送られて来たこの試験器は、外観が非常にきれいなものでした。

まず、電源SWを入れてみましたがパイロット・ランプが点灯しません。これは、大変な試験器だなーーと思って、
念のために、測定位置(=HS53460) Bレンジ BIAS=0 SHUNT=0
で測定してみると、かなりずれてはいましたが、プレート、スクリーン、バイアス電圧は検出できました。
1)
そのために、パイロットランプ 47 ランプの不良かもしれないと思って取り外し、テスターで、測ってみると
切れてはいません。OCTALソケットの右側のランプ・チェックに入れるとちゃんと点灯しました。
したがって、これは、ソケットの不良であると判断して、PL LAMPソケットの取り外しにかかりましたが、このソケットは
トランスの下の方にとりつけていますので、取り外しには2時間以上かかりました。
結局、ソケットへの「挿入」がうまくできていなかっただけでした。
2)
ようやく、PLは点灯するようになったので、電圧調整です。
このままですと、
BIAS 46ボルトDC SCREEN 126VDC PLATE 160Vと 規定電圧からはずれているので、
調整をしなければなりません。
また、相互コンダクタンスの測定は、狂っていますが、一応測定はできることを確認しました。
3)
メーター回路の電解コンデンサー15wv100uFとCR-101セレン整流器は交換しました。
4)
そうこうしているうちに、PLATE電圧が12vしか出なくなりました。
別に、どこもSHORTしているわけではないのに、急に電圧が出なくなる、しかも、
どこもショートとかしているわけではありません。
そのため、PUSHボタンSWか、電源トランス、あるいは整流管の不良を疑いました。
このお客様は、整流管やトランス、 ボタンSWなどを送ってくれていましたので、トランスを交換しました。
5)
その結果、各部の電圧を再度測定してみると、今度は、安定して電圧がでていました。
6)
ただし、無調整では、BIAS 46ボルトDC SCREEN 126VDC PLATE 160Vですので、
BIASとSCREENは、R-130によって、プレートは、R-124に抵抗を加えて、調整です。
7)
最終的には、プレート=153.5VDC スクリーン=132.2V バイアス=37.72VDC
となり、あまりうれしい値ではありません。 バイアスは、R-130のスライドを調整するとよいのですが、この試験器では
これ以上の変化はしませんでした。すこし、R-130の抵抗値が低すぎるようです。
8)
まーまーの電圧となり、最終の較正にとりかかりました。
9)
Bレンジから、始めます。94/58の6AU6を測定してみると、メーターが振り切れてしまいます。
SHUNT抵抗を測定してみると:
R-120=178.7オーム
R-121=100.8オーム
R-122=82.9オーム
R-111=112オーム
R-113=2.6Kオーム
R-114=287.4オーム
R-115=37オーム
R-118=109オーム
でした。
正規の値は:
R-120=800オーム(=回路上では300オーム前後になります)
R-121=111オーム
R-122=89オーム
R-111=112オーム
R-113=41オーム
R-114=280オーム
R-115=41オーム
R-118=109オーム

*したがって、最も悪いのはR-113ですので、抵抗箱で適正値を探ると、2.6kと並列に34.2オームを
加えると最適であることが分かりました。
10)
ところが、さらにDレンジ 6L6を用いて、調整する段になって、どうもうまく調整ができません。
結局、この試験器のバイアスVRも3Kオームであるけれど、目盛りの合わない「偽物」であることが判明しました。
11)
正規の3KオームTV-7用が到着後に、再度調整しました、
12)
(9)の調整に続いて、Dレンジ 6L6を用いての調整にかかりましたが、45/25の測定値が出ず、20以上には
上がりません。R-115と直列に40を追加してやっと40以上になりました。
以上です。

最終的:評価:
やはり、TV-7/Uは、可変抵抗器をSHUNTに使用しておらず、微調整がA/U、B/U、D/Uのように調整できません。
測定も、ある程度はできても、D/Uのようにはできません。値段的には、安いので、真空管の良否が、わかれば良いという場合には、よいかもしれません。

11/14/2016

























TV-7A/UとTV-7/Uの修理しました。10/25/2016

tv7repairBBBBB.jpg
今回行った修理は、TV-7A/UとTV-7/Uでした。

1)TV-7A/Uの方は、Line-Adjはできるが、Gm測定ができない」というものでした。
点検設定 HS-53460 Bレンジで見てみると、プレート、スクリーンは正常に電圧は出ているが、バイアスは、バイアスVRを目盛り100までまわしても、変化せず、143VDCという異常な電圧である、そのためにBIAS Potentiometer の不良が疑われました。
そのため、テスターOHMレンジで調べてみると、TV-7用の3KオームVRは「断線」していました。
手持ちに中古のBIAS VRがあったので、取り替えてみると、正直なもので、ちゃんと測定できるようになりました。
*TV-7修理の「泣き所」は、修理すべき箇所、取り替えるべき部品が分かっても、特殊部品が多いので、それらを入手できるかが、修理の可否となります。 部品入手で困っているお方がおられましたら、当方までご連絡ください。
連絡先=Email: pphhiil@yahoo.co.jp  ☎=073-481-1208/080-6132-7555/090-1911-7488
2)TV-7/Uの不調は、かなり重傷であった。
A)まずPLが点灯しない。
B)測定も、もちろんできない。
C)しかし非常にきれいな試験器である。
といったものであった。
電源トランスの断線か、それともフューズ・ランプの故障かと思って調べると
PL ランプのソケットなどの故障でなく、単にランプがただしく装着されていなかっただけでした。
しかし、ソケットはトランスの下の部分で、非常にわかりずらいものでした。 47ランプは上部から、取り外しもできない状態でした。
(約5時間かかってやっとソケットを取り外し、47ランプを挿入しなおしてから、点灯するようになりました。
通電が確認できたので、電圧測定をしてみると(HS53460)
プレート 151.7v
スクリーン 132.6v
グリッド    38.2v
いずれも、正常な電圧が検出できました。
LINE-Adjustも正しくできました。
6AU6/6L6/12AT7の測定も、値がずれているけれども、一応できましたので、
シャントの調整さえできれば、直るだろうと思って、楽観していましたが、そのうちに、測定ができなくなりました。
プレ-ト電圧が1.2Vしか出ていません。
そのため、PUSH BUTTON SWの故障か、トランスかいずれかの以上と考えて、
R-103 47オームを起点として、ソケット--R-103まで、またR-103から83の出力側までの導通があるかどうかを調べましたが、異常がないため、トランスを交換することにしました。

トランスを交換してから、点検してみると、今度は安定して電圧は、出ています。
そのために、今度はシャントの調整に取りかかりますと、どうしても調整できません。
以前にも,こういうことがあったので、よく調べてみると、バイアス電圧設定用のVRが正規のものではなく、抵抗値も2.9Kオームの
ケースカバーのつかない黒色のVRでした。
*交換用のBIAS VRが到着しましたので、早速交換しました。
*しかし、やはり、このままでは、正しく測定しません=
1)まずR-113の抵抗値が普通は、41オームのはずですが、この機械では2.6kオームもあります。並列に抵抗を加えて、修正しました。これで、Bレンジの測定値は適正となりましたが、今度はDレンジの調整に移りました。
しかし、測定値は基準値の半分くらいしか有りません、R-115と直列に45.6オームを加えてちょうどくらいの値に成りました。
Cレンジは、R-114で調整しますが、測定してみるとまったく正確でした。

ただ、このTV-7/Uという試験器は、すべて固定抵抗器ですので、TV-7A/U--TV-7D/Uなどのような、可変抵抗ではないので、
細かい調整は出来ません。2-3目盛りが違うことは、仕方がありません。
この試験器の場合に、Bレンジのシャントの抵抗値が40オームが2.6Kオームと大きすぎたので、メーターが振り切れるために、抵抗を並列につないで、測定値を下げて、適当な値になりましたが、今度は、Dレンジで既定値の半分以下になりましたので、直接にR-115に直列に抵抗をつないで、適正な値を読むようにいたしました。
DSC03131.jpg
DSC03132.jpg
DSC03133.jpg

2016/11/03


TV-7A/Uの修理体験記 2016/10/20

SHUNT RESOSTORSTV7AU
今回、依頼を受けましたのは、米軍の真空管試験器 TV-7A/Uでした。
故障の内容は、測定時において、測定値を示すメータの針が、逆に振れるというものでした。
修理の定石として、HS-53460 B レンジで OCTAL ソケットにて、各電極における電圧が来ているかどうかの点検:、
1)プレート 150+-3v =152.3v
2)スクリーン 130+-3v =131.3v
3)バイアス 40+-2v =41.67v
と範囲内です。
フィラメント電圧も正常ですので、真空管試験器修理14年間の経験から判断して、メーターシャント抵抗の異常です。
*手持ちのDANIEL NELSON 基準管でB、C、D レンジで実際に測定してみると;
B RANGE 6AU6 86/58 が 20/58 しか表示しない 。
C RANGE 12AT7 74/50、88/50 が 50/50、60/50 しか表示しない
D RANGE 6L6 45/25 が 逆振れして、測定できません = 押し釦SW(1)を押し下げると:
  プラス側へわずかに振れます。
SHUNT RESOSTORSTV7AU
TV-7A/Uの場合には、TV-7D/Uのようにすべての調整が可変抵抗器でというようには行けませんが、B、C、Dの各レンジが、可変抵抗器で調整できます:
*基準管によって、基準値に合わせてゆきます。
R-113--R-115--R-114は、つながっていますので、1つ狂えば、すべての測定値が狂います。
*R-113 うまく調整できました。
*R-115 うまく調整できません。この可変抵抗器は、正規のものではないようです。
 測定してみると1000オームもあります=回路図では41オームです。抵抗箱で、試行錯誤で実験的に試してみると
 45.5オームを並列接続すると、合成抵抗値38-43オーム間変化します。
 この作業により、R-115でただしく、調整できました。
*次に R-114の調整ができました。

最終評価ですが、DANIEL NELSON 氏の調整方法において:
第二段階=6L6を用いて、Dレンジで測定後、Bレンジに切り替えて、バイアスVRを右に一杯回してから、針を壊さないように、
VRを時計反対方向に少しずつ戻して、フルスケールにしてから、Cレンジに切り替える」とメーター指示が半分の60になるというのは、試験器によっては、かなり違います。
*これがきっちりと60を示すもの、+-2メモリはざらにありますが、本器では64くらいでした。まーまーのレベルです。
つまり、ここいら辺が本器のレベルです。
あとは、メーターのダンプ・コンデンサーとCR-101のセレン整流器をシリコン整流器2個と交換して、本器の修理と調整は終わりました。
*修理時間は約5時間かかりました。
ご自分でもできますが、当方での修理・調整をご希望の場合は、下記へご連絡ください。
Email: pphhiil@yahoo.co.jp 電話: 080-6132-7555/090-1911-7488
KEV TUBE LABO 渋谷 吉孝
 








 







 

TV-2C/UとTV-2B/U修理体験記(戦い終えて夜が明ける(2))

4月の末に、九州のお客様で、当方へ7台のTV-2真空管試験器の修理を依頼される方がおられました。
久しぶりのTV-2試験器で、たのしく対応させていただいたのですが---

10年ほど前に、アメリカ・メリーランド州のAngelaというオーデイオ店から、友人と共同して、100台ほどのTV-2真空管試験器を輸入し、修理・較正してきたわけであるが、近年TV-7やHickokの民生用機種、さらにTV-2なども、ますます修理のむずかしいものが多くなってきた感じがするのである。

今回、ご依頼をくださった方のTV-2A/UやTV-2C/Uなど、7台のうち、トランス交換をなどを含めて5台は比較的楽に修理出来たのであるが、のこり2台は非常に修理の難しいものであった。

特にということで、2台のうちのTV-2C/Uを修理にとりかかったのであるが、スクリーン電圧がうまくでないために電源トランスを交換したのだが、やはり、スクリーン電圧が出てこない。そのために、依頼主のご許可をいただいて4ケ月もかけて、少しづつ原因を探していたのだが、どうしてもわからない。この方の入手された元の持ち主も、苦労して故障原因を探した形跡があり、小さなサブミニチュア管の配線が切られていた。いつものように、原因がわからないときには、配線図のコピーを何枚も作って、探していったのであるが、どうしても、わからないので、念のため。シャーシを上げてみたところ、プレート・スクリーンレンジSWのウエハーがわれていたのである。1枚かしらと調べてみたら2段目も、そして分解してみたら3段目も割れていた。
DSC03102.jpg
DSC03103.jpg
DSC03104.jpg

こういう割れ方は、おかしい。何らかの原因で機体を落としたのであれば、ほかのSWも等しく壊れるはずであるのに、このSWだけ壊れるというのは、おそらくは米軍が「廃棄処分」にするときに、故意に破損させたものであろう。

三段目も割れていたために、1-2枚ならーウエハーのみ交換しようと考えていたのだが、3枚も割れていたらこのロータリーSWは、
SW全体を交換する方が、ましであるが、しかし、もう一台の「部品取り用」として提供されたものの方が程度が良いので(=もう一台のTV-2B/Uの方が、グリッド電圧のみ検出できない)こうしたものの方が修理しやすいので、依頼者の許可をいただいてから、TV-2B/Uの方を修理することにした。これは、トランス交換が必要かなと思って、調べたところ、予備の電源から、電圧を加えても、やはり、ソケットまでGrid電圧が来ていない。真空管試験器の修理屋を名乗ってから10年以上もこういうことをしているのに直せないでは恥のかきっぱなしとなるので、徹底的に、故障箇所として考えられるすべての箇所を調べていった。
R-52が、機械からソケットまでの「関所」である。そのため、その抵抗の先のソケット部分で具合が悪いのか、それともR-52までの
部分で悪いのか=を点検するために、線を1本外してみました。
すると、GRIDMETERがスムーズに動くではありませんか。でも、元通りにつなぐと電圧は振れません。
そのため、回路図をにらみながら点検していると:
R-34=3990オームが、4.9Kオームとなっているではありませんか、バイアス電圧のプラス側から出ている部分です。
この抵抗値がおかしいということになり、抵抗を外して、抵抗箱で、3.9キロオームを入れてみると全く正常に動きました。

これで、正確に動くようになりました。昨夜は夜寝ない作業し、今日夕刻やっと直りました。
たったの1Kオームですが、経年変化のために、測定ができなかったようです。
仕事とはいえ、機械が正常に動くようになれば「万歳」です。本当にうれしくなります。DSC03108.jpg
DSC03109.jpg
DSC03111.jpg
DSC03112.jpg
DSC03113.jpg
DSC03114.jpg
DSC03115.jpg
DSC03116.jpg
DSC03117.jpg





10/16/2016/



プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。