スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くせ者はR-103だった

DSC03376ss.jpg
TV-7D/Uの修理を依頼されました。
最初、送付されてきたTV-7の各部を測定してみたら、BIAS、PLATE,SCREEN電圧は、許容範囲以内であるしシャント調整だけで住むかなーと楽観していましたが、さて調整をしようとしてみると、一瞬GM測定ができかかりましたが、すぐに測定が出来なくなりました。
しかたがないので、やりなおして、電圧をはかってみると;
1)BIAS OK
2)SCREEN OK
3)PLATE 電圧が出ていません。
こうなると、トランス、ロタリーSW、整流管、あるいはPUSH BUTTON SW、配線などのうち、いずれかの不良が原因ですが、
一番のチェック点は、負荷抵抗R-103です。(REF.)GRID負荷抵抗=R-101 SCREEN 負荷抵抗=R-102
トランスのアース点19番端子とR-103との間を測定して見ると電圧はZEROでした。
予測通りでしたが、さらに詳しく見ると、R-103は 上の写真のように 真ん中で焼けきれていました。
この抵抗は1W 47オームというものですので、電極間ショートしている真空管を2-3本検査したりすると、簡単に焼損してしまいますので注意が必要です。

20170119

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。