スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DELICA 2001

DSC03325.jpg
DSC03323.jpg
DSC03321.jpg
DSC03322.jpg
DSC03320.jpg

<DSC03319.jpg
今回、依頼を受けましたのは、東京の三田無線研究所・DELICA2001真空管試験器です。
*依頼されました問題点は:
Technical Manual通りに設定したが、Gm測定が出来ない」という問題です。
これまで、Delica2001は、4-5台 修理・較正は行ったことがありますので、お客様よりの試験器が送られてきましたので、点検しましたところ;
各部の電圧も正しく出ており、どこといって、「故障」は有りませんでした。
ただ、ひとつだけ、気になる箇所がありました;
つまり、DELICA2001には、2つの種別があります。
1)前期型・DELICA2001=整流管5Z3と5Y3 BIAS VRは特注の物を使用しているもの。
2)後期型・DELICA2001=整流管は使用せず、シリコン・ダイオードS-05ax2を使用していおるもの。
  しかも、特注VRのストックをきらしてしまって、代用品として、市販の3Kオームの測定器用VRを使用しているもの。

1)は。最初の設計の物で何ら問題は、有りませんが、2)については、いくつかの問題があります。
a)ヒーター電流を消費しませんので、各部の電圧は、高めになります。
b)特注のVRを使用するとBIAS メモリのままで、設定出来ますが、市販のVRを使用しますと、目盛りに対するTAPER(=テイパー=
  目盛りに対する抵抗値の変化率)が違ってきます。
  特注の可変抵抗器では、有る部分は、粗に、又ある8部分は密にと、特殊な巻き方をして、100度の目盛りに均等な変化をする  ように作られているのです。
c) DELICAは、もちろんこういうことは、100も承知の上で、製造していて、紙1枚ですが、修正したBIAS設定表を添付しており、
  元々の設定の値とは違っています。
以上が、DELICA2001の前期型と2)の後期型の違いです:
どうして、こういうことをしたのか?」という理由ですが、このような特注VRを発注するには、最低でも100個、あるいは1000個を発注しなければなりません。1個10000円として100万円、あるいは1000個なら、1000万円の投資が必要となります。

さて、今回、依頼されました、真空管試験器DELICA2001は、後期型でした、しかも、BIAS設定の修正版は添付されていなく、当方でも、1枚COPYを保管していましたが、どこかへ行くへ不明になっており、そのため、完璧な対応は、無理でしたが、たとえば、
6L6や同等管では、BIAS設定が14、しかし、市販の3Kオームでは、6.5くらいが適正でした。
また、他の球でも記載値の半分より1目盛り小さいところで適正でした。

20161231
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。