スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近経験したTV-7D/Uの故障について

tv7DU0822222.jpg
115BB02.jpg

最近お客さまから依頼された米軍真空管試験器の修理記録です:
A)
1)故障の状況については=
OCTAL/GTソケットを交換したところ、どこかの配線を引っ張りすぎたのか、相互コンダクタンス測定ができなくなった」というお話です。
2)「もしかしたら、サブミニチュア管のソケットがショート」しているのかもしれない」とのお話でした。
B)
1)そのために、まず電源トランスを固定している3本のねじを外して、サブミニチュア管のソケット、それによくあるMT管ソケットの
pinが接触していないか確かめましたが、SOCKET PINが接触してショートしているという箇所はありませんでした。
いずれにしても、PINが接触していれば、TV-7のSHORT CHECK TESTにその現象が現れるはずですが、設定=HS-53468
Bレンジ BIAS=0 SHUNT=0 Filament Volatage=任意 でチェックしても、接触の現象はありませんでした。
ところが、次の検査において:
PIN4-8
PIN2-4
PIN3-4
において、NEON-LAMPは全く点灯いたしません。

なるほど4番ピンが怪しい」という判定になりました。

いつものことですが、最近のTV-7の故障は、実に難しくなりました。
アメリカ人が手放すのは、故障個所の特定が難しくなったので、手放すのです=しかも高値でです!
これまで聞いたことも/見たこともない故障を直すことは、非常に頭をつかうことであり、難しいのですが、その原因を解明できれば大変に、成就感もありうれしいことです。

さて、6L6の4番ピンが怪しいとなると、確認のために計ってみると案の定、スクリーン電圧は来ていませんでした。

2)今度は回路図の出番です。
3)TV-7の回路図を嫌う人は多いと思いますが、ロータリーSWのおばけのような回路図です。
  右から左へ HS-5/3/4/6/0/と記号を付けます・
4)つぎに:
  配線図の中央部分の電圧を供給している47オームの抵抗に注目します。
  右から左へ: グリッド プレート スクリーン への47オーム抵抗(=R-104/R-103/R-102)がありますが、今回はスクリーンの抵抗(=R-102)です。
5)3個の抵抗には、焼損とか、導通切れとかはないので、どこかの線が切れているのではと疑いましたが、目視ではわかりません。
6)スクリ-ンの電源はR-130というスライド抵抗器の先端から、押しボタンSWの3を介して、FUNCTION SWへ、そして、R-102につながっています。
7)電源からR-102まで導通があるのか/ないのか
8)真空管ソケット/PIN4からR-102までの導通があるのかを調べてみると、
9)この機械では、電源からR-102まで導通はありましたが、真空管ソケットからR-102まの導通はありませんでした。

ここまでくれば、この試験器は直ったも同様です!
ソケットPIN4から順番にテスター(=アナログがいい)でOHM計でずーと調べてゆくと
ロータリースイッチの2段目のところで配線が切れていました=しかも目視では絶対わからない状態でした。
ここで配線をつないでみるとソケットまで電気は来るようになり、SHORT TESTも正常にできました。
きっちりと半田づけして見事に修理の完了です。
まる二日間の修理作業の完了です。

これまで、幾多の困難な修理を手掛けこれで400数十台めの修理でしたが見事修理完成でした。
原因がわかれば、なんでもない1本の線が機械の出し入れの際に、金属ケースの出し入れの際に切れたのではと思われますが、
MTソケットなどのPINがタッチしたり、といった故障が多いので、金属ケースからの出し入れには注意が必要です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
この記事は、ご自分で修理を試みられる真空管試験器の愛好家の皆様のご参考のために記載しておりますが、時間がない方や
修理を試みたが「どうしても」直らない方は、当方までご連絡ください。
Email:
cfaax409@jtw.zaq.ne.jp
pphhiil@yahoo.co.jp
Webpage:
http://kevtube.com
641-0034 和歌山市新高町6-6 KEV TUBE LABO 渋谷吉孝
Tel:073-445-7488/090-1911-7488/080-6132-7555



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (25)
真空管オーデイオ (32)
日曜大工 (5)
アマチュア無線 (3)
健康 (4)
英語学習 (1)
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。