スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hickok真空管試験器修理受付中です。期間限定¥10000です。

pphhiil-img600x450-142364348440mgh828070.jpg
pphhiil-img600x450-1423643484ayoyfj28070.jpg
pphhiil-img600x450-1423643484io79dl28070.jpg


HICKOK600/800/6000/6000A 真空管試験器の修理・較正いたします。

HICKOK600/800/6000/6000Aは回路的には、HICKOKの軍用の真空管試験器TV-7/UやTV-7C/Uとほぼ同じもので、内部で使用されているロータリーSWウエハーはベーク製であり、また小型でパネル面も美麗で華やかな外観であって、一見貴婦人を思わせるような真空管試験器です。ただし、値段的には安価なものを目指していたために、固定のシャント抵抗が5-6種類備わった539C/752A/533などと同じ精度は求められませんが、40年—50年の経年変化により「良品」な真空管が「不良品」と表示されたり、Gm値が低くでたり、ソケットがゆるゆるになった故障品も多い様です。

部品交換が必要な場合には、実費が必要です。☆HICKOK600/800/6000/6000Aをお持ちのお客さまのために、整備費用を限定5名様に限り、通常作業料金¥15000を期間限定3月31日までの間に限定で、10000円にて御引き受けいたします。(=消費税はなし)

なお、ソケット・PINは、締め直し/清掃での対応ですが、特に交換をご希望の場合には、

ソケット1個あたり¥300円のソケット代金と交換作業費1個あたり¥1500(所要時間約2時間です)となります。

☆メーター交換が必要な場合:

メーター交換が必要な場合には、特注の新品メーターを米国から取り寄せとなるため約1ケ月のお時間がかかります。特に、HICKOKの民生用試験器の場合には、針の引っかかるものや、動きの悪いものは、TV-7やTV-2用の場合には、1万円以下で修理可能ですが、

HICKOK600/800/6000/6000Aの場合には、つくりが弱いのので、ほぼ修理が不可能でございます。したがって、新品の取り寄せが、一番良い選択となりますが、取り寄せ手数料を含め¥20000円前後の費用が必要となります。



☆業者価格について:

現在オーデイオ店あるいは、真空管販売を行っておられるお客様には、業者料金にて、修理および較正作業をお引き受けいたしております。詳細は、このオークションにて落札後にお問い合わせください。また一般のお客様であっても、2台以上をご依頼のお客様の場合には、2台目以後は、業者料金を適用し、普通よりもお安い料金で修理・較正に応じます。



詳細 説明:
これまで米軍TV-7、TV-2真空管試験器などを、10年間に300台以上輸入し、その間に、ほとんど不調、、または不動品を修理してまいりました。
TV-7,TV-2、Hickok6000Aなど、ほとんどの試験器を修理します。
料金は次の通りです。 ただし、修理部品の入手困難なものは、アメリカからの取り寄せに時間がかかります(=2-3週間)
通常は、7-10日で修理できます。

なお、近年、特に軍用真空管試験器は、品薄となり、優良な試験器が少なくなったせいでしょうか、修理困難なものが多くなっており、修理には時間がかかっておりますが、前回お引き受けした試験器を昨日ご返送したところです。TV-7/以外の民生用試験器は、軍用機種より時間がかかりますので、その点ご理解願います。

真空管試験器修理/較正料金

最近、真空管試験器の「較正」をして下さい」という「較正依頼」であるにもかかわらず、まったくの「不動品」や、「故障修理に7-10日間」も要する
試験器を、送付される方がおられます。もちろん、いくらでも時間をかければ、直らない機器というものはありませんが、50時間-100時間もの修理
時間を要する「修理」は、5万-6万円の「修理費用」を頂いても、とても勘定には合いません。

従って、修理なのか、較正なのか」について、次のように「区分」「区別」をしたいと存じます。

軽微な修理を含む「点検」「較正」:
現在「動作をしており、抵抗1-2本の交換で、点検・較正が 6 時間以内で可能なもの=較正基本料と部品代金の実費=
労賃=¥15000 プラス部品代金の実費

中程度の修理を含む「点検」「修理」「較正」:
現在「動作はしているが、正常な測定が出来ないもの」、6時間以上-20時間以内の修理を要するもの、あるいは、3点以上の部品交換が必要なもの
基本労賃=¥15000 プラス 1時間当たり 1000円の修理労賃 所要時間x¥1000 プラスの料金 となります。

高度な修理を要する「点検」「修理」「較正」:

現在「まったく電源が入らない、動作しない」もの、あるいは「部品とり用 OR 修理用として「安価」に購入された試験器」です。
いわば、「修理」を試みたが、「修復不能」と判断されて、オ-クションなどに「出品」されていた「程度」の悪い試験器です。
Panel外観は綺麗でも、内部が「ひどく」程度が悪い、あるいは「いじくり回されている」試験器も同様に「程度」の悪い試験器です。
基本労賃=¥15000 プラス 1時間当たり 1500円の修理労賃 所要時間x¥1500 プラスの料金 となります。
料金の「目安」は:
20-35時間 = 労賃は、30000円-40000円です。40時間-55時間= 45000円-50000円です。
なお、それ以上になると現実的ではありませんので、それ以上の対応は、ご依頼主とのご相談の上となります。

料金一覧表:



種 別

基本料金

備考

追加労賃


軽微な修理と点検・較正

¥15000

+部品代の実費

6時間以内の修理・点検・較正


中程度の点検・修理・

¥15000

+部品代の実費

+7時間-19時間の時間当たり¥1000x実時間数


高度な修理・点検・較正

¥15000

+部品代の実費

+時間当たり¥1500x実時間数







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。