スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ますます難しくなる「真空管試験器修理」(2)トランスやソケットの交換方法

ますます難しくなる「真空管試験器修理」(2)トランスやソケットの交換方法

1)トランスの交換方法
  TV-2の場合には34本、TV-7の場合には37本ものリード線をはずして、付け替えねばなりません。
  間違えることなしに、付け替える方法をこれまで「試行錯誤」しながらやってきました。

☆新しいトランスをそばに置いて、1本はずして、新しい方にハンダ付けしてしてゆく---時間がかかるけれども絶対間違えない移植方法です。
☆☆ リード線に番号をつけてから、すべての線のハンダをはがして古いほうのトランスから取り外してから、新しいトランスと接続する。
☆☆☆☆
この2つの方法には、どちらも一長一短があります。
1本ずつはずして、1本ずつ移す方法は、時間がかかるし大変ですが、間違えることがありませんので、もっとも良い方法です。
リード線に番号札や絶縁テープなどを巻きつけて、マジックインク(=油性)で番号を書き、いっぺんにリード線を古いトランスからはずして、今度は新しい方に番号を見ながら接続をする」のは重いトランスを2個保持しながらやらないので、大変楽ですが、番号のテープがはがれたりする恐れがあります。
1)最初紙で番号札を作りセロテープで貼り付けていましたが、これはすぐはずれるのでダメでした。
2)結局粘着力の強いビニールの絶縁テープを巻きつけこれに番号を書きこむのがベストです。

真空管ソケットの交換について:
☆トランスと同様ですが、新しいソケットをそばに置いて、1本ずつ接続してゆくのが一番良い方法です。
☆時間はかかりますが、一番間違えることのない方法です。

なお、デジタル写真機で、写真を撮っておくという方法もあるそうです。小生もやってみましたが、この方法も良いかも知れません。

20140614




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: そうですか!

> 僕も真空管が大好きです!!
そうですか?
真空管や真空管アンプは奥が深いので、楽しいことが多いでしょう!
十分楽しんでくださいね!

プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。