スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜大工・応用編=実家の壁の修理=始めての大規模な大工仕事でした。

日曜大工=応用編=実家の壁の修理
初めての大規模な大工仕事でした!

私の実家のお隣に少し難しい問題があって、境界線の溝に入らないと家の修理ができないという問題でした。
築160年という江戸時代の家屋です。屋根が台風で吹き飛ばされても直すことができず、そうこう言ううちに
また台風が来て、今度は、家の側面がすっかり壊れてしまいました。」

地元の大工さんに、見積もりをお願いすると500万円、応急処置でも350万円もの代金が要るというので、それならということで「自分でやる」ということにしました。

とはいっても、これまでの経験は、山の畑の農機小屋の壁修理とか、ちょっとした屋根の修理程度で、電動のドリルとドライバー、電動の丸のこぎり、グラインダーくらいの道具を使ったくらいです。
しかし、台風で飛んでしまって、ほとんど外壁がすべて飛んでしまった壁を直すには、相当に高いところまで上らないとダメだし、危険度も高いものです。

350万円も出すつもりもないので:

1)足場を組んで、安全を確保してやる。
2)工事は、時間をかけて丁寧にやる。
3)雨・風を防ぐために、できるだけ厳重な造りにする。

以上の方針で作業に取り掛かりました。

☆最初に購入したのは、合板2mx1mくらいのものを7枚
☆トタン板30枚
すべて、近所のお店から安いものを購入しました。

A)まず「土建屋さん」に基礎をセメントで作ってもらいました。

structure003.jpg
structure004.jpg

この基礎の上に4寸(=12cm)角の太い柱を、金具で組み立ててゆく方式をとることにしました。
柱にルーターで穴をあけて、組んでゆく方法をやれる」技術とか熟練は持っていません。

structure005.jpg
structure006.jpg

すべて平型とL型の金具を、あらかじめドリルで穴あけした箇所に、充電式のインパクトドライバーで、木ネジをねじ込んでゆきました。釘を使用しなかったのは、間違って取り付けても、はずせること、また釘よりもきつく締め付けできるからです。

structure007.jpg

足場は、レンタルでも借りれるし、購入もできます。業者でないのでレンタルするには「保証金38万円」必要といわれたので、必要最低限の資材を購入しました。
structure008_2014021423091594d.jpg
structure012.jpg
structure013.jpg
structure015.jpg
structure016.jpg
structure018.jpg
structure019.jpg
structure020.jpg
高い場所も「足場があれば、安心して作業ができます。
structure021.jpg
structure023.jpg
胴縁を打ち付けて、その上は野地板を打ち付けてゆきました。(=この上にトタン板を打ち付けます。
structure024.jpg
structure027.jpg
structure025.jpg
structure026.jpg

structure028.jpg
室内のほうは、グラスウールによる「断熱材」を土壁の代わりに入れますが、小さな「梱包」を解くと、空気が入って「断熱材」は部屋いっぱいの大きさになりました。
ここで、ホッチキス(=ステイプラー)で、貼り付けていかないとやれないということで、コンプレッサーとタッカーを導入しました。いずれもヤフオクで仕入れた安いものです。puma compressor 2馬力 18500円
タッカー(新品)6850円(中国)です。
structure029.jpg
structure030.jpg
structure031.jpg
structure032.jpg
structure033.jpg
これでほぼ、工事も終わりです。あとは、外側に「トタン板」を張ることと、内側に化粧板を張るだけです。
あと1--2週間で完成です。あくまでも「家が崩れてこないようにする応急手当ですが、問題児の隣家との間の
瓦礫は裁判でもしないと撤去できません。
いろいろと、助言をくださった友達やインターネットの皆様に感謝したいと思います。
現在の時代は、インターネットから、すべての情報が得られますし、必要な工具や資材は「日曜大工」店でほとんど入手できます。DO-IT-YOURSELF(=日曜大工)の工法で、ほとんど何でもできます。
インターネットは、魔法の小箱、平凡な人でも秀才・天才に変えてくれる素敵な道具であると言えるでしょう-

20140215




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。