スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜大工入門(3)屋根の修理編I

日曜大工(3)屋根の修理1

戦前に建てられた家屋を借家にして老夫婦に貸していたが、高齢を理由に、転居されたので、雨漏りがする箇所を徹底的に「自分で、検証し、自分で修理して、自分の仕事場にでも利用しようと思い立った。

なにしろ、30年以上も「修理しないで放置された家屋なので、傷み方も並みではない--
特に、あとで加えられた部分の屋根がひどい状態であった。

全くの、何もしらない「ずぶの素人」がやるのであるから、不安きわまりがない---
しかし、そこは、持ち前の熱意とチャレンジ精神でやってみることにした。

1)参考書としては、祖父の弟が、建築の専門家であったので、その著書「日本建築」上巻を参考にした
(=下巻は、神社仏閣関係)
goro01.jpg
goro02.jpg
goro03.jpg
2)今まで、知らなかった屋根の構造も、これで「目からうろこ」はっきりと理解しました。
垂木、野地板、などの用語も覚えました。
3)トタン屋根なので、垂木だけでも良いのですが、一応丈夫にしたかったので、野地板も打ちました。
4)トタン板も結構高いのですが、近所で建材屋さんが、在庫の古いものを70枚ー15000円で売ってくれましたので、この安価なトタンを使用することにしました。
5)腐っていた柱3本は、日曜大工の店で径9x9cmのものと7.5x7.5cmものを使用して取り替えました。ジャッキがないので、一時的に補助柱を作って支えながら、腐った柱は取り替えました。(1本@1000円でした)
Hashira001.jpg
Hashira002.jpg
6)垂木も腐っていたり,傷んでいるところは、取り替えたり、追加・補充したりしました。
yane0001.jpg
スエーデンの木材は、安く2mの長さのものが1本230円でした。
yane0002.jpg
yane0003.jpg
yane0004.jpg
yane0005.jpg
yane0006.jpg

つづく20120708
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。