スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くせ者はR-103だった

DSC03376ss.jpg
TV-7D/Uの修理を依頼されました。
最初、送付されてきたTV-7の各部を測定してみたら、BIAS、PLATE,SCREEN電圧は、許容範囲以内であるしシャント調整だけで住むかなーと楽観していましたが、さて調整をしようとしてみると、一瞬GM測定ができかかりましたが、すぐに測定が出来なくなりました。
しかたがないので、やりなおして、電圧をはかってみると;
1)BIAS OK
2)SCREEN OK
3)PLATE 電圧が出ていません。
こうなると、トランス、ロタリーSW、整流管、あるいはPUSH BUTTON SW、配線などのうち、いずれかの不良が原因ですが、
一番のチェック点は、負荷抵抗R-103です。(REF.)GRID負荷抵抗=R-101 SCREEN 負荷抵抗=R-102
トランスのアース点19番端子とR-103との間を測定して見ると電圧はZEROでした。
予測通りでしたが、さらに詳しく見ると、R-103は 上の写真のように 真ん中で焼けきれていました。
この抵抗は1W 47オームというものですので、電極間ショートしている真空管を2-3本検査したりすると、簡単に焼損してしまいますので注意が必要です。

20170119

スポンサーサイト

DELICA 2001 および DELICA1001のBIAS SETTING DATA

DSC03325.jpg

DELICA 三田無線研究所がすでに廃業されて、無線や測定器の修理・保守は、自分で行わねばならなくなりました。
MANUAL類は、一般・個人の方が、販売しておられるそうですが、ここで出すのは、すでに「紛失」していて、DELICAのデーターに保存されていない、一般の愛用者からいただいた資料です。なお、当方でもDELICA1001とDELICA2001のMANUALを販売しておりますので必要な方は、ご連絡ください(Email: pphhiil@yahoo.co.jp
delica2001biasrevisedsetting002.jpg



*これは、どういうものかと申しますと;
従来は特注の3Kオームの特殊テーパー(=バイアスの均等な目盛りに合致するように巻いた)の可変抵抗器の使用をあきらめて、市販の3Kオーム可変抵抗器を使用するようになったため、BIASの設定値を変えなければならなくなった」という事情でしょう。

*というのは、特注の可変抵抗器を注文するには、例えば、米軍のTV-7やHICKOK6000Aなどの可変抵抗器を注文するには、
オハイオ州クリーブランドにあった、MAROLLYという会社は、カナダのDURACAPに吸収合併となり、DURACAP-MAROLLY社となっていますが、往時の設計図にしたがって、特注を受けてくれますが、最低受注単位は100個です。、1個が約1万円、つまり100
万円の投資が必要です。
そういう理由で、DELICAさんは、真空管試験器の特注部品をあきらめたのでしょう。
市販の可変抵抗器で間に合わせたので、このようなバイアス設定表が必要となったわけです。
*DELICA2001だけでなくDELICA1001(HICKOK I-177の日本版といった感じの機械)にも適用されるようです。
(I-177の日本版/日本の自衛隊使用のデーターは当方のWEB ホーム・ページに掲載しています)

以上です。






TV-7D/Uの修理

DSC03341.jpg
2017 初仕事は、京都のお客様からお預かりしたTV-7D/Uでした。

*とりあえず、点検の設定で調べてみると:
0-ADJはできる。
BIAS 37V PLATE 147Vとほぼ正常、ところがSCREENは、何度測定しても90Vです。
もしも、R-102が切れているなら、電圧は来ないはずです。
電圧は来ているけれど、「通常の半分」ということは、一番考えられるのは整流管5Y3の不良、または、
電源トランスの不良です。
調べてみても、5Y3は58/40で良品、整流管をすべて抜いて、トランスの電圧を調べても正常。
R-130 8.5Kのスライド抵抗器のスクリーン・タップとトランス19番端子間も電圧は正常に130V出ています。

つまり、大雑把に見て、不良部品はないのに、スクリーン電圧はソケットまで来ていない。
しかし、さらに調べてみると、6L6の設定では、スクリーンに電圧は来ないが、Bレンジの6AU6ではスクリーン電圧は来ているし、6SK7でも、ちゃんとスクリーン電圧はソケットまで来ている。
ここまでは、誰でも、点検できることですが、2000年から、「看板」を上げて、真空管修理屋を始めて16年、なおせなければ、恥ですから、最後の切り札、配線図とTESTERのオーム計の出動です。

真空管試験器の電源は入れないで、
ソケットからR-102 47オームの抵抗まで導通を調べると、導通はありません。
しかし、電源からR-102までの導通はあります。
こうなると問題は、ソケットからロタリーSWあたりと検討をつけて、調べて行きました。スクリーンンは、線の色は黄色ですので、順番にいじくってゆくと、何と一本の線が半田付のところで、切れているではありませんかーー
グリッドSW4段目6番の端子とプレートSW4段目の4番端子をつないでいる黄色い線でした。
TV7DU001_2017010502452599b.jpg
原因は、これでした。一本の選が切れていたーこれだけです。なんでもないー原因ですが、ここまで来るのに、まる半日の時間がかかりました=もちろん、素人から、ここまで来るのに10年以上の経験も経てきました。

おそらく、機体をケースから出し入れするときに切れたのでしょう--
運の悪いことに、外から見てもまったくわかりません。引っ張ってみてやっとわかります。
大変根気のいる仕事ですが、このようにして系統的に、順序だって調べてゆけば、分かりにくい修理も必ずできます。
これで、やっとすべての真空管を測定できるようになりました。






プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。