スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の英語学習における問題点について:

Flag_of_Japan002.jpg

巷や放送そして、世間一般でよく聞かれるのは、「日本では9年間も英語を学習しているのにどうして、英米人と会話できないのか?」というお話です。

この65年以上、自分自身を訓練し、また、英語教育にも50年以上従事してきた小生としては、「実に笑える」問題である

外大卒業時には、これからは「実用英語」の時代、学校の現場でも英語を「読み、書き、聞き、話す」この4技能を
身につけ、外国人とも「自由に渡りあえる」英語を指導することを念願した。

赴任した某公立高校の校長から言われた命令は次の言葉であった:「一流大学に、ちゃんと合格するように英語を指導するように」
この言葉は、いまの日本の英語教育のあり方を示している。

;「外人と話し/通信する英語」 と 「一流大学に受かるための英語」はまったく別のジャンルである。
「日本では9年間も英語を学習しているのにどうして、英米人と会話できないのか?」というのは、「お門違い」もはなはだしい。まったく、現状認識のない」おろかな発言である。

どうして、違うかを述べてみたい;

1)英語を聴き・話すためには、日本語とは違う「音声」についての、訓練が必要である。よく、日本語の発声方法のままで、英語を話している人もいるが、あれでは、英語国民には容易には理解されない。音声訓練には2-3年はかかる。
自ら訓練して、区別できるようにならないと、相手の言葉の「音の違い」も聞き取れない。相手の言葉が聞き取れないといくら英語の表現を覚えても、意思の疎通はできない。

2)受験英語では、中学1年からアルファベット、そうしてやさしい英文を読み、中三から高1くらいで、英語の「童話:くらいは読めるようになる、ところが、たいした時間も経たない間に、大学受験が迫ってくるので、高度な内容、歴史、文学、社会学、経済学、生物学、医学、天文学など、大学の教養学科で扱うほどの程度の英文が読めるようにならないと一流大学に合格できない。

3)これをアメリカ人に当てはめると、小学校2-4年はspelling testが中心、日本でいえば「漢字の書き取り「テスト」のようなもの--「童話」を読むのは小学5年生程度のレベルである。つまり10才くらいのレベルである。

4)日本では2-3年の間に、小学5年生10才のレベルの英語学力の子供(=実際は日本の高校1-2年生16歳)が、20歳の成人が読むものを「理解できるようにしないと一流大学に合格できない。

従って、英語の実用に大切な「音声訓練」「聴解訓練」をやる時間などはまったくなく、もっぱら、2-3年で高度な英文を読んだり、複雑な英語文法や語法を学ぶ」こと、また、短い時間で7000-8000語の英単語や熟語を身につけた高校生が東大や京大に合格できるということになるんです。わたしが、見た生徒のなかには、極端な例としては、英語を読ませると、めちゃくちゃ、実用英語検定3級を落ちたのに東大には合格したような生徒も存在します。

5)高校生で1-2年、アメリカに留学した学生は、毎日が英語漬となるから、帰国後には英語検定準1級や1級は、受かります。つまり、英語と付き合う時間が長ければ、実用英語の力は強力となります。

6)しかし、アメリカに長く暮らす日本人は、英語には強くなるが、日本語の力は次第に弱くなります。
50年ほどアメリカに住んでいる日本人の女性とサンフランシスコで会ったことがあります。英語はアメリカ人と同じになったけれど、日本語は「漢字」はほとんど忘れてしまった。話すのは話せる」といった状態になります。


このような日本に、住んでいるままで、どうしたら英語の力・大学受験といった限定された分野ではなくて、世界の人々と自由に付き合いできる力--を身につける方法は、何か?それは、英語音声学---- 大学の専門の学科でも、設置しているところが少ないのですが、これによるほかはないと思います。日本語とは違う英語の「発声法」や「聴解力」の訓練を徹底して訓練する」これが、急がば回れ-効果的な意思疎通の
道具としての「英語力」が養成できる方法であると思います。

20140223
スポンサーサイト

今日の日本と職人の関係:回顧録

Flag_of_Japan002.jpg
Flag_of_the_United_States001.jpg

今日の日本と職人の関係/回顧録:

 アメリカで少しの間でも暮らしてみると分かることであるが、表面に見えていない諸般のことが分かってくるのである。
それは何かというと、アメリカにいると日本のことが良く見えるということである。
小生が35年ほど前に、数か月アメリカに住んでいた時に、アメリカの理髪店の店主/この人は夜は、custom cabinet
といって、台所の棚とか、テーブルとかを「注文」によって特注されたものを作っていたのであるが、次のようなことを
言っていたことが思い出されるのである。
「最近のアメリカを見ると、大学卒業生や短大卒業生は、手を汚さない事務的な仕事を希望するが、就職難である」それに反して、エアコンを取り付ける人や、水道の配管をする職人は、不景気知らずで、引っ張りだこである」と----
いまの日本の経済や諸般の状況をよく観察すると、アメリカの30-40年前の状況と同じである。昔のアメリカを再現している。

小生の経験では、中国/日本/アメリカと旅行すると、よくわかるのである。

タイム・マシンは、存在しないが、タイムマシン的な世界が存在する---
中国や東南アジアをマクロに見れば、日本の40-50年前の世界である---
そして、日本を現在とすれば、
アメリカは、良きにつけ、悪しきにつけ、日本よりも30-50年進んだ世界である。

いま、小生がいっているのは、物質的な面もそうであるが、物の考え方--政治や経済の仕組み----教育や制度--
社会の仕組み---そうして人々の物の考え方の面でそういう違いがあるということである。

ある意味---外に現れている世界は、その国民や個人が「頭脳」の中で考えていることの反映である--ということを考えてみると、上記のようなことが言える。
近代化=世界のアメリカ化というわけではないとしても、進歩的なものには、悪い面も付随しているので注意も必要であるが、インタ-ネットや、コンピューター/携帯電話などーアメリカが世界をリードしているものが多い。

PEM NUT なるものも、アメリカにあって、日本にはないものである。
プリント基板をシャーシやパネルに取り付けるのに、pem nutをドリルで開けた穴に取り付けるといとも簡単に
取り付けることができる。こういうものの存在を知らなかったのであるが、職人の世界では、たいていの人は
知っている素材らしい。

不景気日本-----職人はあまり不景気を経験せずに、日銭を稼いでいる。
わたしは、昨年よりこのことを痛感して、「電気工事士」の国家試験に合格しましたが、実は本年はもう一つの国家試験に挑戦しようとしています。年齢・性別・経験を問わない国家試験は多数あります。
しかも、それにアプローチする方法・手段は無数にあります。

「弘法筆を選ばず」ですが、やはり「よき道具」「よき兵器」がなければ、戦うことができません。
よいパソコンを導入し、時代の最先端を知り、活用し、自らを努力啓発し、自己の道を切り開いて行くことが、現在のように難しい日本を生き抜いてゆく秘訣ではないでしょうか?

20140220

How to Calibrate Hickok Tube Testers

How to Calibrate Hickok Tube Testers;

The method of calibrating Hickok tube testers may vary largely depending upon what sort of equipment you possess.
If you are going to calibrate a TV-7D/U, most resistors are trimmer potentiometers, so the problem just in front of
you is to turn them to make your tube tester indicate the true value of the vacuum tube under test.
However, if you are to calibrate TV-7/U, or older type models, most shunt resistors are not trimmer resistors but
fixed value resistors, therefore the work concerned is a rather complicated problem; you need to devote a lot of time
and energy in measuring the status quo of the tube tester and in putting the tube tester into the status quo ante, the former status.

In Japan there is a proverb that goes like this; A skillful craftman does not need any particular tool; that is correct all
right, but if you are going to do some kind of work you need a certain tools, a least TS-352 circuit tester, a digital multimeter, a decade resistor box, and hundreds of 1/2 w or 1w resistors to make use of in trying to make up the resistor
value to complete your calibration usually by trial and error method.

It took me about ten years until I learned this method; but I believe everybody must be doing the same way. I began in a very primitive way by searching for proper value resistors required inside my junk parts boxes, but in time I learned to
do the same thing in a more systematic way, that is, to make use of a couple of variable resistors fastened to a plastic board in order to find out a proper value neccessary.

Tools Absolutely Necessary for Calibration; Good Tools Help You Work in a Short Time.

#TS-352 analog circuit tester which can read 0.5 volt with its meter scale, internal
property 1 kilo ohm per 1 volt. Various articles on the web say that you can produce same
situations by simply connecting 250K ohm resitor across tester's probes. However, it is
easier to purchase one good-working TS-352 tester at Ebay auction, and use one for your purpose.

#Decade Resistor Box can be used to decide a proper resistor value particularly needed to
rectify the wrong value of old tube testers' shunt resistors.
If the reading of the meter is too high, you connect a resistor across the resistor already used; whereas if the reading of the meter is too low you can connect a new resistor in series with the existent resistor, thus making more current flowing into the meter.
If you don't understand the basic priciples concerning this technique you can learn by reading about the shunt resistor's work for the meter, but I believe those who attempt calibrating tube testers already know and understand what I
describe all right.

# You have got to possess hundreds of resistors for making up proper value resistors for your purpose. Their prices
may be 25 cents each, but if you buy in quantities, say 100 pieces
for one kind, prices may come down to almost ten or five cents each. I bought lots of them,
and now I possess over several thousands of them in my inventory. And I believe I have invested over 800 US dollars
for purchasing them all.

With your TS-352 analog tester you can check up the plate voltage, screen voltage, and
bias voltage of the tube under test exactly as required for conducting your authentic calibration. If you do this with your digital multimeter, meter readings will turn out to be higher than the true value of the voltage. This applies particularly to plate and screen voltages; bias voltages and filament voltages can be read correctly by digital multimeter all right. And in case of TV-2 tube testers all can be measured by digital multi-meters all right.

As regards the resistor value changes after the lapse of forty to fifty years's time, there is an interesting report by elementary school kids' experiment during their science class.
A science teacher over there gave his pupils some homework to be submitted to him; that is
to check up the values of old resistors left in the junk boxes of grand-pa's. And the result is interesting enough; most resistors measured showed higher values than the original values;
in some rare cases lower than the original ones.

(To be continued)
20140219

Calibration of Tube Testers

003editedsss.jpg

Calibration of Tube Testers: Test Value of Recitifier Tubes;
Is it possible to change the Test Value of the Rectifier Tubes?


You can change the values tested by tube testers, dynamic mutual conductance values
expressed by percent quality values or micromoh values by simply replacing the wrong
value resistors that had gone through a long period of time and had changed its values,
by the right ones.

The above-mentioned story applies only to testing ordinary receiver tubes or transmitter
tubes. It is not the same when we test rectifier tubes.
When we test and check the rectifier tubes, all the tube testers work as emission type
tube testers, and as a result all the resulting test values completely depend upon the
property of the tube testers,their specifications; transformer voltages, currents, and so
forth. Whether you are expert or not, you can hardly change the test value of rectifier
tubes.

Most tube tester experts in the United States of America say that if the value reading of rectifier tubes is different within 10%, you don't have to worry about the accuracy and reliability of your tube testers.

20140217



  

Calibration of Hickok752A Tube Tester

Calibration of Hickok 752A Tube Tester
003editedsss.jpg

For the past thirteen years I have checked up and repaired over 400 tube testers, emission types and dynamic mutual conductance types, such as Heathkit TC-1's, TC-3's, Century FC-2's, EICO's, NRI's, and hundreds of military tube testers like TV-7/U, TV-7A/U, TV-7B/U, TV7C/U and TV-7D/U tube testers. And over one hundred TV-2 tube testers I imported from Angela Instruments, Maryland, USA. The owner of Angela Instruments had some three hundred TV-2 tube testers of various models, and after all about one-third out of his
inventory was sold to me, each time about ten TV-2's getting delivered.


The ways and means of calibrating Hickok 752A tube testers are not usually described or found in any Hickok's instruction manuals and/or anywhere on the global internet webs.
So I am just trying to write down something about the calibration I have carried out on
a Hickok752A tube tester, which I was asked to repair and calibrate by one of my customers living in Tokyo. He claims that his 752A does not work right even if S5 Gm push button is depressed. I asked him to send it to my work-bench to check up all the details of his tube tester.


His package of Hickok752A was delivered at the end of January, and after all the careful check-up on my workbench, nothing about the push-button trouble was found out; he had said that the push button S5 was broken, and did not start measuring the mutual conductance value of any tubes. Well I am not too sure about how he operated this rather rare sort of Hickok tube tester, but he obviously did not possess any instruction manual, so it is assumed that he just operated as he thought was right.

What was sent to me were a Hickok 752A tube tester and a data booklet, and most likely he tried to use this great tube tester without any guidance.
The beautiful appearance and superb arrangement of the meter and knobs of this 752A
tube tester are beyond description. I understand why this tube tester is very expensive at first glance. Inside and outside this is extremely beautiful as if it were born yesterday!
011edited.jpg

Yes, sir! I have found a website where I can download the instruction manual and schematic of this particular tube tester, and also at the same time I tried to find out some relevant articles on how to calibrate this great tube tester. After hours of browsing various parts of websites. domestic and/or foreign, no meaningful information was obtained, only that there exits no maintenace manual for 752A, and that this tube tester is about the same as TV-7 military tube tester, so that its calibration can be done almost like that of TV-7's. I agree that most Hickok tube testers are the same inside, whether it is for military use or for civilian use. Their circuit diagrams show that most of the Hickok's tube testers are made out of the basic mutual conductance test circuits.
However when it comes to repairing different models of Hickok tube testers, you have got to make use of all your attention and skills in checking and repairing each of them.

How to Calibrate Hickok 752A Tube Tester:

1) After turning on the power switch, turn O-Adjust knob until the meter indicator comes to the mark at the center of the meter.
2) Set the tube tester's knobs for checking 6L6 GT tube; 6.3V 7250-3481, Bias 17.
(=Very similar to TV-7's, HS53481, 72 is equal to HS, and zero after 5 is because 752A has another additional switch for testing dual triodes)
3) Without inserting any 6L6 tube, check Plate voltage, Screen voltage, and Bias
voltage. Normal readings for these must be in the following range:
Plate Voltage: 150+-3V
Screen Voltage: 130+-3V
Bias Voltage: 40v+-3V
You can adust and re-arrange each voltage in the following manner.
As illustrated in Figure 01, you can turn the trimmer potentiometer and adjust voltages
at each circuit.
001edited.jpg

R-5 50k ohm is for adusting O-Adust voltage.
R-10 500 ohm is for minute re-adustment of shunt control.
R-20 50 ohm is for slightly adusting the plate voltage of the rectifier tube.
002edited.jpg

R-27 slide tap resistor is for setting the bias voltage just like R-130 of TV-7 tube testers.

4) Check the shunt resistors;
017edited.jpg

The following are placed at the lower part of the shunt resistor board. ( From left to right hand side)
020edited.jpg

R-31 500 ohm (for X1)
R-32 250 ohm (for X2)
R-33 150 ohm (for X4)
R-34 50 ohm (for x10)
R-35 50 ohm (for x20)
Multiplier is intended for selecting an appropriate shunt resistor for testing a particular
vacuum tube.

At the upper part of the shunt resistor board: (From left to right hand side)
R-21 119ohm
R-23 41ohm
R-24 41ohm
R-26 119ohm

5) After checking all these points, you can set out to actually test the tube tester's testing
capability by inserting reference tubes whose Gm value you already know.

6) If you find the Gm value on the meter different from that of the reference tube, you can rectify by adjusting the shunt resistor/ bias voltage/and if the bias voltage and shunt
values are proper, you can adjust at the final stage by turning R-10 500 ohm trimmer pot,
which is about the same as in Hickok 6000A tube tester.

All in all, the basic working of Hickok's tube tester is about the same. If you can master how to repair or calibrate TV-7 tube tester, you can most possibly repair other kinds of
Hickok's tube testers, and the only problem left is whether you have time to check up
all the details of damaged or dissatisfactorily working tube testers that were produced forty or fifty years ago. It is easy to say but hard to do for anybody. Whether you like it or not, it is there right in front of you, and it is waiting for you to help recover its former status!

All rights reserved.
Written by Philip Y. Shibuya
JA3KEV/AI4LA
February 16 2014

真空管試験器用-基準管の必要性について論じる--

boggytubes.jpg

真空管試験器の較正については、その是非があります。較正など必要はないんだ」という主張があります。

☆その主張はこういうものです:
例えば、北海道のもと自衛隊の戦闘機のパイロットをなさっていた方は、米軍から「真空管試験器」の整備を教えられたそうですが、文字の読み書きも出来ないような兵士でも扱えるようにTV-7やTV-2の真空管試験器は作られている。だから、あえてGm表示でなく、%表示で、測定結果を表している」のだそうです。
ですから、或る真空管が「使用できる」「使用を続けることが出来る」かどうかを表示すればいいのであって、
それ以上は必要がないことである」という主張です。

☆もうひとつの主張は、やはり50歩譲るにせよ、真空管試験器が、正確に「真空管」の良否を表示してもらわないと困るという主張です。

2000年の頃、初めて真空管試験器と遭遇したときに、まったく「なにも知らない」状態からI-177,TV-2A/U、
TV-7/U,TV-7A/U,TV-7B/U,TV-7C/U,TV-7D/Uなどをつぎつぎと輸入、またEMISSION式も25ドルとか50ドルとかの「捨て値」で輸入し、動かない機器を修理して販売してきました。

私の強みは、理系の内容と、文系の内容(=外国語の読み書きおよび英語会話)が両方出来るということです。
アメリカへ行くとレンタル・カーで走り回っています。

1)幼い頃より、ラジオ少年であった」こと、それは小学2年生からのラジオいじりでした。
2)短波ラジオ」を製作してからは、短波の海外放送に夢中になり、以来小学6年からは、外国語に熱中するようになました。
3)真空管試験器の修理は、無線機を作ったり、修理をするよりは、アナログであり、ICやPRINT基板を用いた
デジタルのものと違って、整流回路とオームの法則・メーター回路・SHUNT抵抗による分流回路くらいを理解できる程度のやさしい回路です=しかし、実際には「結束された実際の試験器」の修理は、実地に経験してやっと分かるものであります。

私の場合には、アマ無線2級/アメリカEXTRA CLASS(=日本の1アマ相当)くらいの電気知識に、
英語は、外大の英米語学科卒ですので、英語はプロですから英文も読めます。(=科学技術翻訳士2級/実用英語検定1級/国土交通省・通訳案内士(英語)です。
翻訳されたInstruction ManualをWEBで無料公開しているのも私くらいのものでしょう。
http://kevtube.com/
ですから、真空管試験器の英文のmanualは、擦り切れるまで読んでいますので、troubleshootingの文面で
ほとんどすべて/真空管試験器の故障の直し方/を徹底的に学びました。
しかし、はっきりと記載されていない」故障も多々あります。文字通り、行間を読むという作業が必要となり、
夜も寝ないで原因を考えたら、朝には解明したこともよくありました。

さて、較正になぜ「基準管」が必要かという問題です:
これは、1-2年も真空管試験器の修理や調整に従事すれば分かることです。

TV-7やTV-2の試験器は、HICKOKだけが作っていたのではなく、軍用に供するために、数多くの会社によって
HICKOKのLICENSEのもと、おなじ設計図からであっても、異なるSPECの部品で構成され、製造されました。
おなじSPECとなるように「製造」された部品であっても,おなじ機種でも製造の年月によって微妙にSPECが違います。ですから、試験器の各部の抵抗値や電圧を調整してもA機とB機では、測定結果が違うという結果となります。
また、おなじHICKOKが製造したおなじ機種であっても、製造年によって、微妙に違いますので、HICKOK自身も
「基準管」を作成して、較正していたという事実があります。

このことに気がついてからは、当方では、電圧調整後には、必ず「基準管」によって較正を必ず行っています。

基準管は、アメリカのDANIEL NELSON氏 または ROGER KENNEDY氏から入手できますが、当方でも取り扱っています
基本は 6L6 1本 または,FULL SETは5Y3、6AU6、6L6、12AT7、417Aの5本です。
これは TV-7の A,B、C、D、およびF レンジに対応します。

基準管の作成法は、例えばTV-7D/Uだと調整済みのTV-7D/Uを10台くらい用意して。おなじ真空管を10台で測定し、
その測定結果を平均したものが基準値です。HICKOKの民生用の試験器の場合にも同じです。



20140215



日曜大工・応用編=実家の壁の修理=始めての大規模な大工仕事でした。

日曜大工=応用編=実家の壁の修理
初めての大規模な大工仕事でした!

私の実家のお隣に少し難しい問題があって、境界線の溝に入らないと家の修理ができないという問題でした。
築160年という江戸時代の家屋です。屋根が台風で吹き飛ばされても直すことができず、そうこう言ううちに
また台風が来て、今度は、家の側面がすっかり壊れてしまいました。」

地元の大工さんに、見積もりをお願いすると500万円、応急処置でも350万円もの代金が要るというので、それならということで「自分でやる」ということにしました。

とはいっても、これまでの経験は、山の畑の農機小屋の壁修理とか、ちょっとした屋根の修理程度で、電動のドリルとドライバー、電動の丸のこぎり、グラインダーくらいの道具を使ったくらいです。
しかし、台風で飛んでしまって、ほとんど外壁がすべて飛んでしまった壁を直すには、相当に高いところまで上らないとダメだし、危険度も高いものです。

350万円も出すつもりもないので:

1)足場を組んで、安全を確保してやる。
2)工事は、時間をかけて丁寧にやる。
3)雨・風を防ぐために、できるだけ厳重な造りにする。

以上の方針で作業に取り掛かりました。

☆最初に購入したのは、合板2mx1mくらいのものを7枚
☆トタン板30枚
すべて、近所のお店から安いものを購入しました。

A)まず「土建屋さん」に基礎をセメントで作ってもらいました。

structure003.jpg
structure004.jpg

この基礎の上に4寸(=12cm)角の太い柱を、金具で組み立ててゆく方式をとることにしました。
柱にルーターで穴をあけて、組んでゆく方法をやれる」技術とか熟練は持っていません。

structure005.jpg
structure006.jpg

すべて平型とL型の金具を、あらかじめドリルで穴あけした箇所に、充電式のインパクトドライバーで、木ネジをねじ込んでゆきました。釘を使用しなかったのは、間違って取り付けても、はずせること、また釘よりもきつく締め付けできるからです。

structure007.jpg

足場は、レンタルでも借りれるし、購入もできます。業者でないのでレンタルするには「保証金38万円」必要といわれたので、必要最低限の資材を購入しました。
structure008_2014021423091594d.jpg
structure012.jpg
structure013.jpg
structure015.jpg
structure016.jpg
structure018.jpg
structure019.jpg
structure020.jpg
高い場所も「足場があれば、安心して作業ができます。
structure021.jpg
structure023.jpg
胴縁を打ち付けて、その上は野地板を打ち付けてゆきました。(=この上にトタン板を打ち付けます。
structure024.jpg
structure027.jpg
structure025.jpg
structure026.jpg

structure028.jpg
室内のほうは、グラスウールによる「断熱材」を土壁の代わりに入れますが、小さな「梱包」を解くと、空気が入って「断熱材」は部屋いっぱいの大きさになりました。
ここで、ホッチキス(=ステイプラー)で、貼り付けていかないとやれないということで、コンプレッサーとタッカーを導入しました。いずれもヤフオクで仕入れた安いものです。puma compressor 2馬力 18500円
タッカー(新品)6850円(中国)です。
structure029.jpg
structure030.jpg
structure031.jpg
structure032.jpg
structure033.jpg
これでほぼ、工事も終わりです。あとは、外側に「トタン板」を張ることと、内側に化粧板を張るだけです。
あと1--2週間で完成です。あくまでも「家が崩れてこないようにする応急手当ですが、問題児の隣家との間の
瓦礫は裁判でもしないと撤去できません。
いろいろと、助言をくださった友達やインターネットの皆様に感謝したいと思います。
現在の時代は、インターネットから、すべての情報が得られますし、必要な工具や資材は「日曜大工」店でほとんど入手できます。DO-IT-YOURSELF(=日曜大工)の工法で、ほとんど何でもできます。
インターネットは、魔法の小箱、平凡な人でも秀才・天才に変えてくれる素敵な道具であると言えるでしょう-

20140215




血圧と脈拍 その相関関係について---

003edited002.jpg


血圧と脈拍の相関・相互関係について:

人間の血圧と脈拍の関係は、どうなっているのだろうか?

中年を過ぎると、血圧があがる人が多い。最低血圧が90以上で,最高血圧が130以上だと、降圧剤を使用して血圧の治療をしないと、脳卒中になって脳内血管が切れて脳出血になるだろうといわれている。

小生も、あるときに血圧が最高180-220 最低が120くらいまで上昇したので血圧を下げる治療をしてもらったのであるが、いろいろと副作用が認められるのである。

1)年齢が上がると「血圧」が上がるのは、自然なことではないのか?
2)薬を飲むと、物忘れとか、動作が緩慢になったり、積極性が減少して,覇気のない、agressiveな面のない
 怠けた人間になる。
3)血圧を下げると、脈拍が上昇する。

特に3)の面については、医師は「そんなことはない」と否定するし、上昇しない人もいるらしいが、小生は
次のように考えている---

4)電気的な考えにこれを移すと:

  血圧=電圧
  脈拍=血流量=電流

  ワット数=電圧x電流 である。

 身体のどこかで「仕事」をするとして、必要な仕事をする負荷に対して、或る血圧で、ある血流量が必要としているとすると、血圧を下げると、どうしても脈拍を上げないと必要な「動力」が得られないことになる。

従って、むやみに「血圧」を下げるということは、命を『縮める』行為ではないだろうか?

ただ、これには『個人差」があって、血圧を下げても脈拍があがらない人もいるらしい。
また、このことは、次の問題とも関連してきます:

1)人間の『心臓」の耐用年数のことであります。
  一般に『心臓」は20億打つと、それでとまってしまう』といいます。
2)だから、心臓を激しく使うお相撲さんやスポーツ選手、あるいは、夜も寝ないで激務の人が『早死』するのは  耐用年数が早く来る』というのは分かります。
3)しかし 一分間60回の脈拍x60分x24時間x356日で計算すると63-64歳で、すべての人が死亡するはずですが、そうでないのは、『心臓の耐用年数」には個人差があるのでしょうね--

4)だから、血圧の薬で、脈拍が10-15上昇しても、苦痛がなければ無視できる「範囲」であるのかもしれない。

あなたなら、どうしますか?

20140214 

母の元気は私の元気--母は今年で98才になります!

HAHA98.jpg

私の母は、大正の生まれ本年で98才になります。26才のときにほぼ同い年の父と結婚しましたが、6ケ月後に父は出征し、昭和18年09/11 東部ニューギニア/サラモアにて戦死しました。第20師団/歩兵第70聯隊、所属は南海朝2055部隊派遣猛朝2086部隊若狭隊でした。以来再婚もせず、病弱であった私の成長を楽しみとして独身・シングルマザーとして生きてきました。

高血圧で40代から50年以上、血圧の薬を服用して来ていますが、5年ほどまえに「心不全」で入院し、高齢であり、病院長の診断では、もうだめ」になるかも知れない「気管」を切開しなければならない」とも言われましたが、それも乗り越え、2日目には声が大きく出るようになり2週間で危険を脱し、それ以後リハビリをして、元気を回復しました。しかし、自宅にかえってから、数ヶ月ごとに短期の入院を繰り返しました。
体力も弱くなり、歩行は結局1年後にはできなくなりましたので、要介護4となり、当方の事情もあり、居住している町の養老院に入所させていただくことになりました。

☆母のこれまでの経過を見ると分かることは、健康書にも書かれていますが、血圧を下げる薬を連用すると
脳や手足の末端に「血液」が届かなくなり、場合によると副作用で「心不全」にもなる/命の危険に」直面する
ことにもなる」のが現在の高血圧の薬の危険性であるように思えます。
☆わたしも遺伝でしょうか、以前から血圧は高いのですが、血圧の薬を飲むと、最低が60-70 最高も126くらいに下がりますが、そのことと引き換えに、頭がぼけて物忘れが多くなったり、動作が「緩慢」になり、本当にご老体となります。もっとも顕著な違いは、薬をやめると「agressive]で積極的な若々しい人に戻る」ということです。老人ホーム」へ行くと「痴呆症」になって口を開けっ放し」になった人が多いのは、ある程度の確率で、抗血圧剤の副作用ではないかと思われます。

☆高血圧であると、寒いときに、脳の血管が裂けて、「脳内出血」の危険にさらされますが、血圧を下げると
脳血栓」になるかもしれませんし、そこまで行かずとも、体の末端に血液が届かず、ぼけた人になる危険性、あるいは、内臓の病気になるかもしれません。

☆加齢による病気とかは、いつなんどき起こるかもしれませんが、どのように対処するべきなのでしょうか?

☆芸能人が、若いのに早く死んでゆく人が多いのはなぜでしょうか? 推測できるのは、常識を超えた「お金」を儲けたり、友人付き合いを行うために、酒やたばこ、あるいは「もっとも大切な」命の無駄使い」をして、カラダを壊してしまうのではないかと思われます。一般人でもしかりで、付き合いとか」酒を飲んで「出世」をする人もいるが高齢になってその弊害で、見る見る体力がなくなって死んでゆく人が多いようです。
文字通り「太く短くの人生なのでしょう-

20140213



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

メーター検査器-TS-656-の概要

TS-656metertester.jpg

アメリカから「真空管試験器」を輸入して、日本で売りさばく」という仕事に着手して、遭遇したのは、当初は
不良品であるTV-7やTV-2試験器を高値で売りつけられる」という事件ばかりでした。

☆英語が多少分かっても、言葉の表現の裏に潜む「虚偽」の言葉の言い回しでした。
「私の祖父が使っていた--彼の話では、数年前までは正常に動いていた」
「長年父が使っていた」
「estate saleで購入した」
「叔父が使っていたもので、数ヶ月前まで使っていた」

等々-----こういう表現を信じて、値段のやすい$350.--から$400.00-くらいの試験器を購入しました。
10年ほど前には、アメリカ人は、SHIP TO USA  ONLY(=送付はアメリカ国内のみ)がほとんどでしたので、取引をしたことのあるアメリカ人に、当方の「代理人」になってもらって、購入をしてもらって、30%くらいのコミションを支払って、試験器が何台かたまったら、一括して送付してもらい」到着したら、点検・修理して日本で販売するという商法です。現在でもこの商法は可能ですが、アベノミックスによる円安と真空管試験器自体数が
少なくなってきており、上質できれいな真空管試験器は少なくなってきているのは事実です。

☆上記のような表現の試験器は、手を出さないほうが良いのです。
本当は「私自身入手して、方々を修理してみたけれども、どうしても原因が分からないので、放出します」
というのが本当の理由のようです。
☆まれに、出品者が「本当」のことを言っていて「操作方法」が分かりません。検査はしていませんが、
現状渡し AS IS」で出品します」と言って出品されていた試験器が本当に「すばらしい」ものであることも
まれにあります。
☆英語が読めても、このような英語表現の「裏」が読めないと、損をすることが多いのがこの貿易の世界です。
3台輸入して1台が、良品であればまずまずの成績でしょう---使い物にならないTV-7やTV-2が当方ではごろごろころがっています。
☆もちろん、人間ではなくて機械ですから「直そうとして直せない」試験器はないはずですが、1台を直すのに、
数週間--数ヶ月の時間を要するもの---あるいは、壊れている部品が「現在では入手ができない」ものの場合には
部品取用として利用するほうが賢明です。
☆軍用の試験器では、修理中に机から落としてしまって、ベーク製のSWやロータリーSWが壊れてしまったものや、廃棄処分とするために、故意にメ-タ-を壊したり、ロータリーSWの接点を破壊したり、配線を切ってしまったり、巧妙にパネルの裏に抵抗を入れて整流管への高圧の電圧を下げていたのも見受けました。

☆中でも、不良メ-タ-ではないとしても、同じサイズのDCメ-タ-に「本物」のTV-7メ-タ-の目盛板を取り付けて、外観を整えて、さも正常なTV-7と見せかけて販売していたものも多数ありました。

☆修理・較正」を試みる場合には、まず、メ-タ-の検査をする(FUNCTION SW 5 の位置で、
メ-タ-回路は切り離される)さらにshuntの値が正常かどうか」検査をするのが大原則です。

おおよそ、真空管試験器の修理で、破損しているのは、メ-タ-/バイアスVRなどですが、国内では
新品製造してくれるところはありませんので、当然アメリカで調達になります。

☆以前、知り合いになった香港のオーデイオ店の李 洪威氏は、台湾や香港の中古品・使用に明るく、倉庫に多数のさび付いたTV-7を所有していて譲ってもらいました。またWESTERN ELECTRICのトランスや線材などもいっぱい譲ってもらいました。

以前TV-7のメ-タ-の検査には、1.5vの電池に10-30kオームくらいの可変抵抗器を直列につないで、メ-タ-が断線していないかどうか」の検査をしていました。その程度の検査なら、このような「簡易」な測定でよいのですが、規格の違うDC METERが取り付けられている場合には、やはり本格的なメ-タ-検査機械がほしくなり、
アメリカのFAIR RADIOにあった軍用のTS-656を入手しました。大阪のある会社の社長さんと一緒に輸入しました、現在はご本家アメリカでも入手できない検査機械であるようです。日本でこれをもっている人は数人でしょう。---TS-656であると、ほとんどすべてACあるいはDCの電圧計や電流計が検査できます。
本体のメ-タ-で、100uAを読み取り、被測定メ-タ-へ電流を送り込んで同じ表示になるか測定します。

☆TV-7は200uA、TV-2は100uAのDC電流計、TV-10は50uAを使用しているものと100uAを使用している機種がありますが、EMISSION式の試験器のように単純ではなく、同じ形のメ-タ-にTV-7やTV-2のメ-タ-SCALEを取り付けても、使用できません。メ-タ-の内部抵抗が違う(メ-タ-の感度が違う)ので、おなじ電流を流しても、指示する値が違います。たとえば、TV-2に普通の200uAのメ-タ-を使用したら、振れは半分です。

☆メーターを改造すれば良い」ということになるでしょうが、軍用のメ-タ-は密閉式で、ガスバ-ナ-で溶接しているので壊さないと内部をいじれません。

☆メ-タ-修理は、非常に「難しい作業」です。ちょっとしたことで、メーターの右端までOVER SCALEすると
高価なメ-タ-の針が曲がり、針が目盛板に引っかかるようになって使用不能となります。
単純作業であるからと、メ-タ-を分解して修理を試みて、一瞬でメ-タ-を壊してしまいます。
ご自分で直そうとせず、当方にご相談ください。当方の友人で「メ-タ-修理の名人」がいます。
安い修理代金でメ-タ-を救ってくれます(-ただし絶対直ると言うわけではありませんが「素人」よりは
難しい修理ができます)

以上、種々記述しましたが、真空管試験器修理の現場で遭遇する問題について書きました。

20140213














とんだ誤解-TV2トランスをめぐる問題--

tv2edited002.jpg

今日ふと東京のお客様から依頼を受けたHickok752Aという真空管試験器の回路図を調べるために、インターネットサイトを閲覧していたら、以前TV-2のトランスをお譲りした北陸の方のTV-2用のトランスのことで、かなり当方が悪者呼ばわりした記事が書かれていました。

この方は、当方からTV-2B/Uを購入された方でしたが、Vintageの測定器であり、使用される方の使用方法にもよりますが、当然、購入後2-3年経った測定器を「保証修理」を無料ではできない代物でした。

ところが、この方は、真空管試験器の「修理経験」がないにも関わらず、試験器修理の1から当方に、長時間電話で、聞き、修理を試みたのです。当方にとっては、商売・仕事として真空管試験器を修理・販売をしておりますので、好意として、再三説明し、電圧が出ない」というだけの説明でしたので、「本来なら」送付をいただいて、
点検して、見積もりをして、料金を頂いて修理するべきでしたが、再三の電話でしたので、可能性のある部分を
すべて申しました。負荷抵抗の47 ohmが、焼けているんではないか」というのも当方がお教えして、やっとチェックされたのであって、その方が「自分は知っていた」のような書き方をしているのも事実ではありません。

また、TV-2トランスの接続方法にも、問題があったのかもしれませんが、当方が配線修理をしたわけではないので、その方がどういう配線で、メーターの振れがそうなったのかも分かりません。

試験器のメーターが逆に振れる原因には、メ-タ-が不良のこともあり、またメ-タ-シャントが経年変化により
値が狂って逆ぶれすることもあり、一概にトランス不良だ」と断定することはできないと思われます。

20140213
KEV TUBE LABO

「メ-タ-保護ダイオード」について

tv7DU0822222.jpg
何年か前に、真空管試験器のメ-タ-保護のために入れる正負逆に「並列接続」したダイオードをメ-タ-につないだ場合に、トランスが焼けるかも知れない」との記事を書きました。

ただし、何人かの人より、そこに流れる電流は微弱なものであり、トランスが焼損する心配はほぼないというご批判をいただきました。当方の推察は、電気専攻の人間ではありませんので、ここにお詫びして訂正をさせて頂きたいと存じます。

☆ただし、較正する場合には、ダイオードをメ-タ-につないでいる場合には、ない場合とは微妙に違うし、較正するのが微妙に難しくなります。

☆理論的に、試験器の動作原理が分かるということと、実際に「故障」して動かなくなった試験器を修理して動くようにする」という実際の修理技術は別のことです。当方には、年間に相当な数の「故障した」試験器が持ち込まますが、この
13-14年間に真空管試験器は400台以上を点検・修理をしてきました。

☆アメリカのロスに、真空管修理を専門に行っているアメリカ人で、もとソニーに勤務、Disneylandの音響設備も担当した方がいますが、真空管試験器は、ほとんどすべて所有しており、故障した試験器は、正常に動く同じ機種の試験器と
クロス・チェックして原因を究明して修理しています。

☆オーデイオ・アンプの出力管の負荷をトランス/スピーカーの代わりに1w 47オームの小さな抵抗に変えて、メ-タ-
を取り付けたものが「真空管試験器」であるといえましょう。

☆真空管試験器に取り組んで13年、修理自体は難しくなくても-----40-50年目の機械の修理でむずかしいのは、取り換え部品の入手です。

☆小生の専門は、英語で、外語大出身です。毎年のようにアメリカへ行きアメリカの専門家より「学んだ」試験器の修理・較正方法で、正しく修理・較正方法を実施しており、これまで、難しい「修理」もこなしてきました。

☆新品の取り換えメ-タ-/BIAS VRの特注品 カナダ/Duracap-Mallory(=100個単位しか受注しない)の入手などが、過去の実績です。

注(=Malloryは元アメリカの会社ですが、倒産後カナダのDuracapという会社に吸収合併され、Duracap-Malloryとなっています。Hickokの会社から受注して製作したBIAS Potentiometerは、Bias設定用に特殊なTaper
(変化)を持っており、A型でもB型でもなく、測定目盛に適したTAPERとなっています。その設計図をこの会社は今も大切に保管しており、特注するとその設計図に従って「製作」してくれますが、軍用規格で製造すると1個が
$100.00ドル(=約10000円となりますので、100個しか受注しないため100万円の資金が必要となるため、このVRの入手は大変なことです。ArizonaのDaniel Nelson氏の努力により、1個は約6000円で現在入手できます。


☆大阪の会社社長さんと共同で100台以上のTV-2真空管試験器をアメリカ東部の業者(=300台所有していた業者)から
輸入して、点検・修理して日本中に販売したのも「よき思い出です。

☆最近はロスからAT-1000という最新式(=コンピューター制御)の試験器を2社の業者の方に複数台納入いたしました。
この試験器ではUSB接続でパソコンと接続して、測定結果を残したり、プリントアウトできるので、真空管を販売する
業者の方には最適の機械でしょう。ご関心をお持ちのお方は、当方までご連絡くださいませ。
当方では、故障した際の「保証」業務/保守・維持点検も行っています。

☆修理の可否は、試験機械を「送付していただかない」とわかりません。

☆電話であれこれと「相談される」方もいますが、一人で作業をおこなっており、時々「専門家」に外注することもありますが、ゆっくりとご相談に乗れないことがございます。

☆故障した機械は、まず当方まで「送ってください」そのうえで、修理の可否・修理代金の見積を行います。

☆修理部品を必要なお方に、部品入手のお手伝いを行っていますが、基本的には主要部品でも
入手できないものがございます。

●TV-7の電圧設定用のスライドタップ付き8kオーム巻線抵抗器
●push-button スイッチ
●TV-7D/U shunt調整用の半固定可変抵抗器
●TV-7用のfunction sw/部分的にウエハ-を交換する場合には、部品入手できる場合があります。

20140212
KEV TUBE LABO
 

 


プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。