スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修理業務の再開についてご挨拶!

TV-2C/U Closeup

真空管試験器修理および部品販売/供給業務再開のお知らせ:

しばらく「冬眠状態」でしたが、真空管試験器および修理部品販売の業務を2012年より再開いたします。
当方のBLOGを閲覧されて、EMailなどを下さった皆様には、これまで「返信」などが、なかったり、遅れたりと
大変ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

なお、当方の履歴は、2000年のはじめころから真空管試験器I-177やHickokoの6000Aなどを輸入したことから始まりました。

1)少年時代 小学6年生のころアマ無線やBCL/SWLへの興味から始まり、海外放送や無線への興味から電気や外国語への興味から進んできました。電気/無線の専門には進まないで、大学は外国語専門の外大へ進学、卒業後は高校教師を職業としてきました。

2)しかしながら、昔からの夢はやはり電気屋さん」であり、現在は、インターネットを中心として、米国のオーデーイオ部品(=Western Electricのトランスや線材)、真空管試験器の修理および販売を業としております。

3)世界的な不景気ですが、オーデイオや無線の世界は、決して衰えず、高齢化社会のなかで昔の無線やオーデイオーを追及する「電波青年」「オーデーイオ青年」は、ますます元気であり、身体の衰えに負けず、精神は20歳のままであります。

4)私は昭和17年生まれであり、太平洋戦争の始まった昭和16年12月から2ケ月後に生まれましたので、本年で70歳になりますが、アマ無線家としては1965年24歳のころにJA3KEV(=電話級、翌年電信級、そうして数年後に2級へとup-grade)していました。しばらくQRTしたり、再開局したりでしたが、3年ほどまえに関西ハムの祭典のころに、池田市の会場で、USのハムの試験を受けてGeneral Class合格、さらに6ケ月後に東京・巣鴨まで行って再度受験してEXTRA CLASSに挑戦しAI4LAというアメリカのハム局ライセンスも得ました。

5)Ebayを通じて、知り合いになったアメリカ人や香港人に会いにゆき、代理店契約を結び入手しにくい真空管部品や真空管試験器の修理部品を入手できるという特殊な立場にありますので、今後生きているかぎりは、日本の皆様のお役に立ちたいと存じます。

6)オーデイオについては、オーデイオ専門家ではありませんが、無線機を組み立てる高周波よりも低周波のほうがかなり容易な分野であると思います。

7)この10年間にTV-7は200台、TV-2は100台くらいを輸入し、修理して日本国内で販売してきました。
それ以外に、Century/Heathkit/Sencore/などのEmission式の真空管試験器も数限りなく修理して販売してきましたが、最近の傾向としては、低額な試験器よりは、耐久力のある軍用の真空管試験器が、自己使用あるいは販売用として人気が高いようです。

8)真空管試験器を自己のオーデイオ・アンプの真空管検査用、あるいは、アメリカから輸入した真空管試験器を販売する目的で輸入したが不動だった(=実に、販売目的で購入するTV-7やTV-2の2/3は、完動品として高値で販売できない不良品です)。
当店では、完全整備のうえで、較正後に「検査成績表」を添付のうえでご返送しています。

9)National Panasonicの系列会社 京都の高槻電気(株)さまには、アメリカの最新の真空管試験器AT-1000を
現在まで複数台納入させていただいたという実績がございます。同社は、数年前よりTK-300Bという日本初となる
オーデイオ用の真空管の生産を始められ、素晴らしい音質の真空管を販売されております。同社のリスニング・ルームで視聴させていただいた音色はすばらしいものでした。

10)国内のオーデイオ店さまとは、いくつかのお店とは取引がありますが、業者の方の場合には、特別価格にて、
部品販売および修理委託をお受けいたしておりますので、ご連絡の時には、その旨ご明記をお願いいたします。

11)もちろん、修理は、アマチュア、業者の区別なく行っております。







スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。