スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エミッション式真空管試験器の修理方法:

エミッション式真空管試験器の修理方法:

エミッション式真空管試験器:

動作原理は、Cathode以外の電極を束ねて、Cathodeに流れる電流を読みます。

回路構成は:

1)整流回路(セレン整流器/シリコン整流器1個の簡単なものが多い)
2)電極間ショート検出回路(=Neon管使用のもの
3)1mA-10mAの直流電流計を用いた測定回路

で、回路的には、自作もできるくらい簡単なものです。
しかし、昔の試験器を購入するメリットは、もちろんあります。
それは、機械を買うというよりは、いろいろな真空管3-400本から1-2000本の測定データーが
ついていますから、それらのDATAを購入するということであると思われます。

故障修理は、
1)メーターが切れていないか。
2)メーターADJUST回路が正常であるか。
3)トランスに正常な電圧が加わっているか。
4)整流か正常か。
5)ソケットにおいて、正常に電圧が検出されるか。

エミッション式の試験器では、相互コンダクタンス測定式の試験器と同じ性能は望めませんが
エミッションが不良の真空管は、相互コンダクタンス式で計ってもほぼ同じで使用できません。

1)の故障以外は、部品取替えで簡単に修理はできますし、メーターが断線していたり、
修理不能の場合には、同等のメ-タ-に取替え、目盛板を移植すると良いのです。

スポンサーサイト

試験器修理技術とヒント

修理技術/修理のヒント

真空管試験器修理のヒントは次の通りです。

1)第一段階
①点検の結果に基づき、故障箇所を特定する。
②動作不良の原因は、経年変化による抵抗値の変動。
③電解コンデンサーの容量抜け、またはリーク、ショート
④セレン整流器の不良
⑤使用頻度により、パーセント・クオリテーイメーターの動作不良
 引っかかり、断線。
⑥ソケット不良・電極間の接触によるショート
⑦プッシュSWの不良
⑧電圧調整用スライド抵抗器の断線

2)第二段階
動作状態/点検結果による故障究明をするには、

①配線図を見て、動作原理から、不良箇所を考える。
②回路計をフルに活用して、点検する。
 抵抗値は、配線をはずさないと、正確な値がわからない箇所があります。
③どうしても分からない場合には、わたしがいつも常用している手段があります。
 該当の真空管試験器の回路図を2-3枚コピーします。
 特定の真空管の設定にして、電気の流れを赤ペンで配線図において、トレース
 して行きます。
④上記の赤い線に従って、回路計のOHMレンジで、本当につながっているか、どうか
 を点検します。
⑤線材は、すべて結束されていますので、非常に分かりにくく、時間がかかります。
 また、部品を取り外す場合には、ビス、ナットが内部にはいって分からなくなったり
 しますので、細心の注意が必要です。
⑥特に注目したいのは=
 米軍や、日本の自衛隊で、廃棄処分で出てくるときに、故意に不良箇所が作られて
いるという事実です。
ロータリースイッチの接点をわざと壊したり、配線を1部切断したり、とくに見えない部分を故意に破損して、修理不能な機器として放出されていますので、それを発見すると言うことは、不可能ではないとしても非常にむずかしい問題です。
⑦真空管試験器の修理で、動作原理、回路解析の方法で、どうしても分からないときに
 は、目を120%利用して、目視によって調べてください。
 配線が、切断されていたり、抵抗器が焼損していたりが発見されることがあります。

⑧どうしても、直らない試験器もあります。
 トランスが、リークしているもの、ロ-タリースイッチがリークしているもの、
また、アメリカで購入する前に、アマチュアによって、いじられて、分からないくらいにいじくりまわされたものなどです。
⑨点検、修理を試みて、どうしても分からない場合は、当方まで、ご連絡ください。
 当方にて、適切な修理・較正をお引き受けします。
 連絡先=cfaax409@jtw.zaq.ne.jp
KEV TUBE LABO
⑩TV-7やTV-2をご自分で点検・修理・較正して正常に動くようになったけれども
個体によって、測定値が異なるという問題が出てきます。
これは、Hickokがライセンス契約して、いろいろな下請け会社が製造したという事実が
あります。そのために、電源トランスや、他の構成部品の微妙な仕様の違いが影響しているようです。測定値をぴったりとあわせるには、標準管によって、強制的に値を合わせてしまいます。

⑪エミッション式真空管試験器の修理方法→(ここをクリック


(索引)

1)考え方
2)点検方法
3)修理技術/修理のヒント
4)質疑応答
5)修理引き受け
6)部品販売
7)試験器の販売
プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。