スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Almost All Digital Electronics

00522222.jpg
00122222.jpg
00222222.jpg
00422222.jpg

最近、当店で、毎日のように売れているのが、アメリカAADE(=Almost All Digital Electronics)社のDFD-2というアナログの無線機につけて、周波数を直読にするユニットの組み立てキットです。
(=上の写真はDFD-2 Collins用 デジタル表示器で、お客様のご依頼で当方が組み立てたものです。PEM NUTというアメリカ製の「打ち込み式のサポートで基板を取り付け・固定しています。無入力状態では、第一IFの周波数455KHzを表示します。


○この組み立てキットを設計して販売している人は、アメリカ・シャートルのNeil Heckt氏であり、当方は
シャートルへ会いに行っていますが、元はシャートルにあるBoeingという航空機を製造する会社の技師であった由です。

○彼もアマチュア無線技師でもあるようですが、波を出すよりも、L/C meterや、アナログ無線機をdigitalで周波数直読に変えるユニットの組み立てキットを設計し、販売して有名になった人です。

○QSTやQEXへ広告するのには、大変な経費がいる由で、当方もCQ誌に広告したいですが、一枠50000円、製作記事広告だと50万円もの広告料が必要ですので、広告していません。

○ PICという「ブラック・ボックス」にL/Cメーターや無線機周波数の加算/減算のプログラムが書き込まれているため
簡単に模倣することができませんが、当方は、2000年頃に、友達の依頼でDFD-3というデジタル表示器を注文したことから発展して、Neilさんの「日本代理店」となりました。

○ 通常、商業の慣習では代理店になるには、数百万円の「保証金」を支払ってなるのですが、当方の場合には、保証金を支払うことなく「日本総代理店」にして頂きました。

○ 最初のころは、ICやICソケット、そして小さな部品を取り付けてハンダすることは難しかったのですが、慣れればそんなに難しいものではありません。

● 最近特に目立つのは、団塊世代のOMさんで、昔愛用していたFT-101やTS-520、あるいは昔は購入できなかった
コリンズのS-LINEや KWM-2Aなどのトランシーバーを購入して、デジタル周波数読み取りのユニットをつけてのハム局の運用です。

● このblogをご覧の皆様で、アナログ無線機をdigital直読に変えたいお方は是非ご相談ください。

20140322

続きを読む

スポンサーサイト

KEV TUBE LABO/KEV HAM SHOP 作業ベンチ紹介--

本日、久しぶりに作業ベンチをきれいに整理・整頓しました。
全国の皆様に公開です。県内はもちろん、近県の大阪・奈良の方からの訪問者も良く来られます。
同好の方のご来訪歓迎です!


1)修理・製作の作業ベンチです。

0061111.jpg

00711111.jpg

2)リグは集めましたが、いまだ波は出ていません。2アマ+US EXTRA CLASS(=AI4LA)ですので、KW出せますが、
再開局して2年が経過しましたが、いまだ波は出ていません。リニアは NATIONAL RADIOのNCL-2000、AMP SUPPLYのLK-500、HEATHKITのSB-220などです。写真には写っていませんが、TS-520D、FT-847ももっています。


00811111.jpg
01111111.jpg

ヤフオクで購入したパーツボックス」これは高かったけれども、すごく重宝しています。

01211111.jpg

どうしても「ほしかったFT-102」リレーを多用しているので、リレーが壊れやすい無線機です。

01711111.jpg

アマ無線タワー建設記録-2011-夏

アマチュア無線タワー建設の記録2011/夏
今から、もう40年も前、小生24歳のころに、幼少の頃から「憧れた電波の世界」アマチュア無線の免許を取りました。電話級アマチュア無線技士/コールサインはJA3KEVとなりました。
電話級から、翌年には電信級をとり、27歳のころには、第2級を取りましたが、29歳で結婚したあと、かなり長い間QRTしたり再開したりを繰り返していました。インターネット時代になってから、関ハムの会場で、アメリカのハム資格が取れるのを知り、早速挑戦し、novice/generalまでとり KI4KKJを10日後にいただきました。
同じ年には、東京巣鴨まで行って、EXTRA CLASSに挑戦、合格しました。コールサインはAI4LAです。
これで、合法的に日本でもFULL POWER 1KWでON AIR出来ることになりました。

TRI-EX 3段クランク・アップ TOWERの建設記録 
近所の方でもとアクテイブであったが、現在はQRTしておられる方から、スクラップ価格で、もと80万円以上もしたTOWERを譲ってもらいました。(=もっとも、撤去してもらってwireの交換してもらうのに70000円程度が必要でした。(=現在、ハム人口の多数が高齢化して、ハムをやめたり、ご本人が病気とか死亡とかで、TOWER撤去とか
スクラップ価格でゆずるという希望も多いようです)

最初、自分で「穴掘り」「アンテナ立て」などを考え、協力してくれるという方もおられましたが、
重量150kg、長さ7mのTRI-EXの基礎は、深さ2m、1mx1mの穴掘りの大変さ、立て起こすときの「危険度」を考えて専門家に依頼することにしました=結局、費用は基礎+起重機を用いての立て起し+取り付け」で20万円でした。

TRI-EX W-51 SPEC.
Weight 355lb  Height 51ft Height Nested 21’-0”
重量 150kg   高さ  18m  下ろした時の高さ 7m

マストを付けると22mH位のTOWERです。

tower001.jpg
tower002.jpg
tower003.jpg
tower004.jpg
tower005.jpg
tower006.jpg
tower007.jpg
tower008.jpg
tower009.jpg
tower0010.jpg
    
プロフィール

KEVTUBE

Author:KEVTUBE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Visitor
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。